いいね!いいじま。家族でゆったり過ごせる癒しの里
  • 皆様はじめまして。
    「道の駅 田切の里」がある南信州飯島町は、中央アルプスと南アルプス二つのアルプスの美しい景色に包まれて、
    太陽の恵みと豊かに流れる天竜川と与田切川に育まれた豊かな大地。 そして四季折々の自然に触れ合える、懐かしい温もりのある町飯島。
    南信州の観光の出発・集合・合流地点に最適な場所。「道の駅 田切の里」南信州の丁度中間地点に位置する飯島町は、遠方からの合流地点に最適です。

    ここ道の駅田切の里は、元々「住民の生活の拠点にしたいという発想」から生まれた道の駅なんです。
    少子高齢化が進む地域のよりどころを目指し 施設は飯島町と県に整備していただき、運営を地元の飯島町田切区民らが出資する「株式会社道の駅田切の里」が運営を担います。
    地元農家らでつくる生産者組合がコメや朝採れ新鮮野菜などを出荷し、農産物・特産品販売所や鮮魚も2日に1度仕入れ、肉、酒、日用品も用意いたします。
    住民の生活の拠点となり、訪れて頂いた方々との交流コミュニケーションの場となり、地域活性の場になればと考えます。
    また、「そば処(どころ)たぎり」「食事処見駒亭(みこまてい)」では郷土食を中心に提供し、皆様にも地元の味を楽しんで頂ける施設となっております。
    訪れて頂いた方にもここ南信州飯島町を愛して頂ければと思っております。
    また地域見守り隊としての役目も果たせるように、移動販売・宅配車も用意し、高齢者・一人暮らし方のお買い物や生活支援など、地域の御用聞きとなり、見守りサポートさせて頂きます。非常時の緊急避難場所としての設備も備えております。

田切の里・周辺地域 お知らせ・イベント情報

アクセス 都心から約3時間、名古屋から約2時間

道の駅 田切の里
399-3701 長野県上伊那郡飯島町田切2749番地TEL:0265-98-5525


お問合わせはこちら お電話は0265-98-5525 受付時間/10:00~19:00(土日祝日休み)

  • FAXは0265-98-5526
  • お問合わせ

南信州(伊那路 木曽路)ドライブスポット

権平峠 光善寺 高遠城址公園 千畳敷カール 分抗峠  元善光寺 天竜舟下り 下栗の里 天竜峡 妻籠宿 馬篭宿 赤そばの里
権平峠
権平峠

権兵衛峠道路
冬期は通行止めとなっていた伊那谷と木曽谷間が、季節を問わず30分で往来する事が可能になった。また、木曽谷地域と東京の間の移動においても、この道路の開通によって所要時間が短縮されるようになり、従来の国道19号・塩尻ICを経由するルートに代わって重要性が増すようになった。

情報

  • 権兵衛トンネルから道の駅田切の里まで  自動車で約40分
光善寺
光善寺

県下唯一の名勝庭園 【国名勝 庭園】
本堂の前庭と、本坊客殿奥の庭園、仁王門から参道を経て三門・本堂へと続く直線状の伽藍配置、および、それをとりまく境内林など境内全域約6.7ヘクタールが、光前寺庭園として文化財保護法による国の名勝に指定され、静かな環境と自然の中の趣は、長野県下随一と称せられています。(昭和42年(1967)5月10日付指定)

情報

高遠城址公園
高遠城址公園

天下第一の桜 タカトオコヒガンザクラ
高遠城址公園に植えられた約1,500本のタカトオコヒガンザクラは、古いもので樹齢100年を超えるものもあり、その規模の大きさと、小ぶりで赤みを帯びた可憐な花で「天下第一の桜」と称され、雄大なアルプスの山々を背景に見る者を魅了します。

情報

千畳敷カール
千畳敷カール

可憐な高山植物が咲き乱れるお花畑は、まるで宝石箱のよう。
標高2,500mを超える高山帯の岩肌の真下に広がる千畳敷カール、ロープウェイを降りると、目の前に千畳敷カールが広がっています。 カール内の遊歩道は周遊約40分です。 春の千畳敷カールは、スキー客と夏を待ちきれない観光客が訪れます。 夏は、カール一面に可憐な高山植物が咲き競います。 秋は、山肌一面が黄金色に輝きます。 冬は、紺碧の空と純白の冬景色が楽しめます。 一般車は菅の台バスセンターまで乗り入れできます。

情報

トウモロコシ
トウモロコシ

「分杭峠」(ぶんぐいとうげ)ゼロ磁場
皆さん、パワースポット『分杭峠』(ぶんぐいとうげ)をご存じですか? 以前は日本のどこにでもあるような、普通に車や人が通り過ぎるだけの峠でした。 ところが、10年ほど前にここで世界でも有数の「気」(波動)の発生する「ゼロ磁場」という場所が発見され、テレビでも放映されて、一躍脚光を浴びることになったのです。 現地に行くと、今でも特に観光地のような風情はありませんが、休日ともなると、多くの方が「気」(波動エネルギー)を求めて来訪されます。

情報

  • 分杭峠シャトルバス
  • 分杭峠から道の駅田切の里まで  自動車で約35分
  • 分杭峠シャトルバスから道の駅田切の里まで  自動車で約40分
元善光寺
元善光寺

一度詣れよ元善光寺 善光寺だけでは片詣り
推古天皇十年に信州麻績の里(現在の飯田市座光寺)の住人、本多善光卿が難波の堀から一光三尊の御本尊様をおむかえしたのが元善光寺の起元で、その後皇極天皇元年にその御本尊様は現在の長野市へ遷座され、できたお寺が善光卿の名をとって「善光寺」と名付けられました。それから飯田の方の当山は勅命によって、木彫りで同じ御尊像が残され「元善光寺」と呼ばれるようになりましたが、仏勅によって「毎月半ば十五日間は必ずこの麻績の古里に帰りきて衆生を化益せん」というご誓願を残されたとのことで、長野の善光寺と飯田の元善光寺と両方にお詣りしなければ片詣りと昔から云われるゆえんであります。

情報

  • 元善光寺
  • 元善光寺から道の駅田切の里まで  自動車で約30分
  • 善光寺
  • 善光寺から(高速道路経由)道の駅田切の里まで  自動車で約2時間
天竜舟下り
天竜舟下り

爽快天竜舟下り・ラフティング
弁天港~時又港 6キロ 35分コース しぶきを浴びながら急流を下る。飛び散るしぶきはビニールシートを持ち上げてよける。 鵞流峡の渓谷は川幅もせばまり、湯ノ瀬のS字カーブを豪快に下る。
自然に囲まれた南信州天竜川でラフティング体験。 全長9㎞のコースを、散策・休憩をとりながら2時間ほどかけてくだります。 南信州の自然と急流の天竜川を満喫しよう!!

情報

  • 爽快天竜舟下り
  • 天竜舟下り弁天港から道の駅田切の里まで  自動車で約40分
下栗の里
下栗の里

日本の原風景が残る「下栗の里」。
下栗の里は、南アルプスを望む飯田市上村の東面傾斜面にある標高800m〜1,000mの地区です。最大傾斜38度の傾斜面に点在する耕地や家屋は、遠山郷を代表する景観を作りあげています。平成21年には「にほんの里100選」にも選ばれました。スタジオジブリがアニメ制作にあたり下栗を取材するなど、様々なメディアを通じて下栗の里の名が全国的に知られるようになってきています。  平成21年秋には、下栗の景観を多くの皆さんにご覧いただけるよう、里を俯瞰できる「天空の里ビューポイント」が地元住民の手造りで開設・整備されました。

情報

天竜峡
天竜峡

温泉につかり、川を下り、のんびり散策天竜峡
長野県飯田市にあるこの名勝地は古くから「暴れ川」として知られています。激しい流れが長い時間をかけて切りひらいた厳しい絶壁が特徴的で、清らかな水音が響く渓谷の美しい自然に触れるひとときは、感動そのものです。春には桜や秋には紅葉などの四季折々の景色が楽しめるだけでなく、温泉もあり、豊かな効能が楽しめるお湯が湧き出ていたり、歴史ある場所など見どころがいっぱいです。

情報

妻籠宿
妻籠宿

江戸時代の家並保存度が抜群な妻籠宿
江戸と京を結ぶ中山道は、山深い木曽路を通る事から木曽路街道とも呼ばれ、中山道六拾九次のうち江戸から数えて四拾弐番目となる妻籠宿 中山道と伊那街道が交差する交通の要として賑わいを見せていました。

情報

  • 妻籠観光協会
  • 馬篭宿から道の駅田切の里まで  自動車で約1時間40分
馬篭宿
馬篭宿

藤村ゆかりの坂と石畳の宿場
中山道69宿のうち木曾谷には11の宿場が置かれており、馬籠宿は板橋を1番目とすると43番目になる。江戸からの距離は83里(333km)余りとなる。  街道が山の尾根に沿った急斜面を通っており、その両側に石垣を築いては屋敷を造っていることから「坂のある宿場」が特徴となっている。

情報

  • 馬籠観光協会
  • 馬篭宿から道の駅田切の里まで  自動車で約1時間50分
信州伊那高原赤そばの里
信州伊那高原赤そばの里

日本では希少な赤いそば
遊休地の活用と名物作りのため、「高嶺ルビー」という赤い花の咲くそばを標高900m、東京ドームほどの広さ約4.2haの広大な畑で栽培しています。 今では、近隣で有数の観光地となり、毎年9月下旬ころから10月上旬ころまで一面赤いじゅうたんのように華麗に咲き乱れます。

情報

  • 信州みそは日本の味噌のうち40%のシェアを誇っています。米麹と大豆でつくる味噌で、淡色で辛口を特徴です。味噌汁やご飯に合う味噌として知られています。信州みそを使った焼きおにぎりなどは最高です。
  • 信州の特産品の一つといえばリンゴ!
    その中でも松川町では地元のリンゴをつかったお菓子がなんと50種類!きっと、あなた好みのお菓子が見つかります。
    南信州松川町の新しいお土産です。
  • 南信州の野菜・くだものは「おいしい」。
    その理由一つめは「自然」。
    自然に囲まれた、きれいな空気と水で南信州の野菜とくだものは育っています。
    二つめは「気候」。
    南信州の気候の特徴は昼夜の気温差が大きく、それは気温の差があることで果実が養分を蓄え、より甘さが際だち、実が引き締まるといわれています。
    三つめは「農家の方々の努力」
    野菜とくだものに愛情を注いで育ててくれる農家の方がいてこそ私達は野菜とくだものをいただくことができます。
  • 南信州と言えばやっぱり果物!!の種類が豊富。しかも、味が良い。環境と地形に恵まれた「果物の宝庫」南信州!
  • 全国に誇る飯田の伝統芸能といえば「水引」。 ここ飯田ではなんと全国の水引製品の約70%を飯田で生産しています。 水引は「結ぶ」という意味を持ち、人と人をつなぐ心と心を結ぶものとして昔から多岐に渡り使用されてきました。 最近ではご祝儀袋等に使われるだけではなく、最近では水引で作ったブローチなどの水引細工があり、見るだけでも水引の世界を楽しめます。
  • 古くから愛され続ける郷土料理。
    南信州にもたくさんの郷土料理があります。
    「海」がない長野県。そのため山々の自然の恵みをたくさんいただいて、独自の郷土料理が築かれました。
    長野県(南信州)は山が多く稲作地が少ない土地。古くは米の代用食として、小麦やそばなど穀物を使った料理が発達しました。漬物も郷土の味として親しまれています。
    お土産として販売されている郷土料理も多く、南信州のお土産としてもオススメです。

お問合わせはこちら お電話は0265-98-5525 受付時間/10:00~19:00(土日祝日休み)

  • FAXは0265-98-5526
  • お問合わせ


南信州周辺観光協会・おすすめスポット


道の駅 田切の里
営業時間
【4月~11月】

そば処たぎり:平日土日祝日昼 11:00〜15:00
※木曜日定休

田切ふるさと市場:平日土日祝日 09:00〜18:30
     
 
年中無休
営業時間
【12月~3月】

そば処たぎり:平日土日祝日昼 11:00〜15:00
※木曜日定休

食事処見駒亭:平日土日祝日昼 11:00〜15:00
※火曜日定休

田切ふるさと市場:平日土日祝日 09:00〜17:30
     
 
年中無休(12月31日~1月2日休業)